大阪半熟カステロ「ふわんとろん」

カステラは室町末期、ポルトガル人によって日本に伝えられました。
異説では、カステラ作りの際に、ポルトガル人が、「お城(カステロ)のように高くなるよう卵白を泡立てるんだ。」と日本人に教えた事から、「カステロ」が「カステラ」に変わって呼ばれるようになったとも言われています。
それから数百年、遥か海の向こうからやってきたお菓子は、「カステラ」となって今もなお多くの日本人に親しまれ、愛されています。

大阪の代表するカステロ(城)といえば「大阪城」
豪華絢爛、凛とした姿で訪れる人々の心を魅了します。
カステラ伝来とそう遠くない時期に誕生した大阪城は、その長い長い歴史の中で、
波瀾万丈な運命の時を刻んできました。
いくつもの時代を超え、城下の町大阪の人々の暮らしを見守り続けてきた大阪城。
半熟カステロ「ふわんとろん」は、そんな大阪城の、堂々とした姿の中にある、
人々を見守り包み込むような柔らかさを表現しました。

新鮮な玉子をふんだんに使い、食べやすいひとくちサイズに仕上げた半熟カステラ。
大阪の新しい味をぜひご賞味ください。